« 栗の渋皮煮入り「フレンチパフ」DY版 | トップページ | 食パン焼いてビタントニオでホットサンド »

2010年1月31日 (日)

小嶋ルミさんの「フルーツケーキ」

小嶋ルミさんのフルーツケーキ」。ようやく解禁。

小嶋さんの「是非クリスマスに。」には間に合わなかったけど,年末に焼き上げ,約1ヶ月間ずっと寝かせていた。

同名のレシピ(分量や洋酒に若干異なる部分があるが同じもの)は手持ちの本おいしい!生地 』にも載ってたけど,きょうの料理で実際に小嶋さんの作業を見ると,本では表現できない部分がいっぱいあって,とても参考になった。

Img_1711

(12月28日)

家にあったあり合わせのドライフルーツを用意。

クルミは熱湯にくぐらせ薄皮をむいてみた。

(番組で小嶋さんが入れていたクルミは薄皮が取り除かれているように見えたから。すごく大変だったけど,雑味のない味に仕上げたかったので,私も同じようにした。)

Img_1580

グラニュー糖は細粒ではなかったので,フードプロセッサーにかけ細かくした。

Img_1577

途中,ハンドミキサーが壊れるというハプニングがあったけど,なんとか生地を作り上げ,焼成。

キルシュ入りのシロップを全面から染み込ませ,ラップで包み,室温で寝かせた。

(1月24日)

27日経過。(本当は2~3週間後が食べごろらしいが。)

Img_1677

食べてみた。上品な甘さと香りで,こっくりしっとり滑らかな口当たり。

自分でこんな味のパウンドケーキが作れるなんて・・・。

でも,本のフルーツケーキの断面はもう少しふんわりとした空気感を感じる。

まだ空気の入れようが足りないのかな?ハンドミキサーの針金の違い?

また作りたい。その前にハンドミキサーをなんとかしなければ・・・。

Img_1699

<記録>
 ・21cmパウンド型
 ・薄力粉 120g
 ・ラム酒に漬けておいたレーズン 60g
 ・軽くゆでて薄皮を取ったクルミ 60g
 ・オレンジピール(コアントローに漬けておいたもの) 70g
 ・自家製レモンのコンフィ(冷凍を解凍し水気を拭いたもの)30g
 ・ドライイチゴ,ドライマンゴー(お湯で洗ったもの)合わせて40g
 ・180℃予熱,180℃44分,そのまま引き続き160℃で7分。
 ・オーブンから出してケーキテスターを挿してまだだったのでさらに160℃で8分

|

« 栗の渋皮煮入り「フレンチパフ」DY版 | トップページ | 食パン焼いてビタントニオでホットサンド »

2-2:パン&発酵もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗の渋皮煮入り「フレンチパフ」DY版 | トップページ | 食パン焼いてビタントニオでホットサンド »