« ドライイースト発酵のコーヒーケーキ | トップページ | 増沢さんの「プティ・セーグル」ゴマ入り »

2010年4月24日 (土)

栗原はるみさんの「ふわふわパン」

前から作りたいなと思っていた栗原さんの「ふわふわパン」。

パンとおやつのレシピ』より。

Img_2237

卵とバターたっぷりの生地はとてもゆるく扱いにくそうだったので,こねはHBで。

DYの量も減らし(レシピでは2%くらいに相当),1%程度へ。

この生地のやわらかさは,増沢恵子さんの「フレンチパフ」のようだった。

ぷにぷにやわらかくて気持ちいい感じ♪

Img_2231

栗原さんの「ふわふわパン」は成形をみてわかるとおりとてもラフ。スポンジケーキなどのデコレーションもクリームとフルーツをかけるだけとか。でもおいしくするポイントだけはしっかり書いてあって(たとえばおいしくするクリームの配合など),文字(=情報)から得られるものが多い。

本全体を通して,毎日家族へおやつを作るための工夫が感じられ,お菓子作りを身近に感じられるところがすごいなぁと思う。

ちなみにこの本のパンのレシピはすべて「ふわふわパン」を基本としてバリエーションが展開。(唯一「チーズ蒸しパン」だけ基本生地不使用)

“ハードタイプのパンもおいしいのですが,おやつ向きではないような気がして・・・”とあるように“おやつ”が主体として考えられている。

Img_2232

生地が18cmの丸デコ型の高さ(約2倍)で二次発酵を終了し,焼成へ。

Img_2235

つやのいい卵色のかわいいパンで,純粋な甘いパンの香り(←バナナやチョコレートの香りが混ざっていないという意味)がいいなと思った。

翌朝,手で裂いて朝ごはんへ。

しっとりきめが細かく,ほんのり甘くてやさしい味。ケーキのよう。

こんな感じの市販の袋パンがありそうだけど,お店で売っていたらおそらく買わない。

でも自分で作るならこういう甘いパンも好き。

今までこんなお菓子パンは経験したことがない。

「ふわふわパン」,また作りたいレシピのひとつになりそう。

Img_2251

その後,また作りました。
栗原はるみさんの「ふわふわパン」シフォン型で。
栗原はるみさんの「ふわふわパン」ミニシフォン型で。

|

« ドライイースト発酵のコーヒーケーキ | トップページ | 増沢さんの「プティ・セーグル」ゴマ入り »

2-2:パン&発酵もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドライイースト発酵のコーヒーケーキ | トップページ | 増沢さんの「プティ・セーグル」ゴマ入り »