« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月13日 (水)

お菓子の缶で被せ焼きバゲット

被せるのは大きな角缶がいい・・・と思い,家の中を探したところ,あった,あった,ヨックモックのお菓子の缶!

これをバゲットに被せよう。

念のためアルミホイルで覆った。

Img_3294

オーブンでの使用状況。

ひっくり返した天板の上にオーブンシートを敷き,この上にパンを置いて,上から缶を被せた。

Img_3296

さて,焼き上がり。

西川さんのリュスティック」をバゲットにしたので生地がややだれ気味。

でも,クープ部分の皮のチリチリ感,エッジともに,今までの中でいちばん!

缶の効果!?

Img_3283

やっぱりバゲットって水蒸気が重要なんだなー。

Img_3286

<記録>
 ・タイプER 250g,塩,水 160mL
 ・モルトパウダー 0.1cc×3
 ・天板下段,缶加熱
 ・霧は適量(生地表面がべっとり水がつくほどかけない!)。シートの空いたところにも霧を吹く
 ・250℃予熱,250℃で缶を被せて15分,外して10分弱(色づくまで)

| | コメント (0)

牛乳パック枠+天板で被せ焼きバゲット

前々回,天板で挟んでバゲットを焼いたら,空間が狭かった。

今回,牛乳パックで枠を作り,上に天板を重ねてみた。

Img_3289

牛乳パックは絵柄を内側にして折り,ホッチキスで連結。

パンが当たりそうなところにオーブンペーパーをあてた。

Img_3290

オーブンでの使用状況。

ひっくり返した天板の上に,シルバーのフラットな天板を置き,牛乳パック枠,天板。

この状態で天板同士の空間にちょうどよく牛乳パックが埋まった。

でも隙間から水分が抜けてたかも。

Img_3298

さて,焼き上がり。

今回,枠内にパンを収めようとして短めに意識して成形したら,すごく変な形になった。

Img_3267

クープの入れ方が甘かったのか,横に亀裂が入った。

Img_3270

普通のパンと同じくらいしか発酵時間をとらなかったのと,生地のこねすぎのためか,断面に気泡なし。

Img_3273

| | コメント (0)

モルトパウダー入りバゲット

プロフーズでモルトパウダーを購入。

西川さんのリュスティックの方法で作った生地をバゲットに成形。

皮は香ばしくなった??

Img_3256

<記録>
 ・タイプER 250gに対し,0.1cc×2

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »