« 「ビターココアカップケーキ」強力粉+ココナッツ風味 | トップページ | 増沢恵子さんの「パン・ド・ミー」 »

2010年12月 4日 (土)

あな吉さんの「ラムレーズントリュフ」

あな吉さんのあな吉さんのゆるベジ10分レシピ』より。

なんとこのトリュフはチョコレートの塊ではない。

上新粉でトリュフのやわらかさや形を再現している。

あな吉さんの料理やお菓子はフードプロセッサーがよく使用されているが,これもそう。

2回ほど作ってみたが,豆乳はフープロ時に粉類に加えるのではなく,粉類+レーズンをフープロにかけて鍋に移したあと,直接鍋に入れるほうが作りやすかった。

ラム酒に漬けたレーズンは作り置きしているし,上新粉はパン作り(ハード系)に使うし,家にある材料ですぐに作れて,おいしくて,これはいい。

この本に載っていた「レーズンクリーム」の材料に凍ったバナナを加えてフープロして簡単なジェラートにしたり,ベジチーズは正直チーズとは別物の味だったけど和え物に使えそうな味だったし,残り物の野菜を何でもフープロしていつも作る料理にソースとして加えたり,あな吉さんの発想がいろいろ応用でき,これまた勉強になった。

「ラムレーズントリュフ」はあな吉さんのブログにもレシピ掲載あり。

とろける食感♪米粉の「ラムレーズントリュフ」

Img_3432

|

« 「ビターココアカップケーキ」強力粉+ココナッツ風味 | トップページ | 増沢恵子さんの「パン・ド・ミー」 »

2-1:お菓子作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ビターココアカップケーキ」強力粉+ココナッツ風味 | トップページ | 増沢恵子さんの「パン・ド・ミー」 »