« Konaパン「プチパン」 | トップページ | ババ(フードプロセッサー使用) »

2011年5月14日 (土)

バゲット(缶被せ焼きvsスチーブン)

以前お菓子の缶を被せてバゲットを焼いたが,その蒸し焼き効果と,スチーブンのスチーム効果を比較した。

左がいつもの電気オーブンで缶被せ焼き,右がスチーブンで焼成。

Img_3674

生地に切れ目を入れるとすぐ広がっていったので,二次発酵が(室温40分)長すぎ?

生地はHBである程度こねた。

缶被せ焼きの方が全体的にボリュームが出たぶん,気泡も多い気がする。

Img_3677

スチーブン。ボリュームがなく,すぐに焼き固まったという印象。

Img_3678

スチーブンは期待していたほど効果はなかった・・・。

庫内が小さいので大きいパンは向かないのかもしれない。
(小さいパン〔テーブルロールチャバタカイザーゼンメルルヴァン・プティ〕は中に水分を残したまましっかり焼き色がついてよかったが。)

我が家の設備では,今のところ缶被せ焼きがベスト。

サンヨーのスチーブンはトースター兼グリル料理用(=火力重視)に購入。

電子レンジ機能はないが,スチーム機能を使って料理を作る点はヘルシオに似ており,単純な仕組みのオーブン機能はデロンギに似ている。

Img_3682

<記録>
 ・エペ 125g,香麦 125g,塩 4g,DY 0.8g,水 155g
 ・HBである程度こね,パンチを1回入れたあと,一晩冷蔵発酵。
 ・ナショナルNE-J720(※火力が弱い),天板ごと予熱,缶は予熱なし。
 ・スチーブン,予熱なし。

|

« Konaパン「プチパン」 | トップページ | ババ(フードプロセッサー使用) »

2-2:パン&発酵もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Konaパン「プチパン」 | トップページ | ババ(フードプロセッサー使用) »