« 生春巻き ピーナッツだれ添え&きゅうりのサラダ | トップページ | パプリカとカボチャとマグロのベトナム風炒め煮 »

2011年7月25日 (月)

土井善晴さんのホットケーキ②

自分で粉から作るホットケーキは土井善晴さんかパンケーキママのレシピで作っている。

今回は土井善晴さんの配合で,粉の一部を全粒粉(強力粉)にし,ベーキングパウダーを少なくして重曹をひとつまみ+お酢を少々加え,おかずにあわせるパンケーキにした。

こうなるともはや土井先生のレシピとは言えないかも知れないけど,土井善晴さんのベーシックなホットケーキ,そしてフレンチトーストは,今でも時々レシピを見て振り返るほど私にとって大切なものになっている。

さてさて,今回のパンケーキ。いつもと違う。

フッ素加工のフライパンは使わず,ビタクラフトのフライパンで焼いてみた。

Img_4023

これまでビタクラフトは蒸す,煮る料理に関して非常にいい仕事をしてくれているが,ホットケーキはひっいてしまうだろうなぁという不安があった。

この不安,いつか解決しなければならない。ホットケーキが焼けるのか焼けないのか白黒つけなければならない。

土曜日,その日がやってきた。

結果は・・・写真の通り,大成功~!!

Img_4020

全粒粉と,ヨーグルトの代わりに牛乳+お酢を加えたおかず用のパンケーキに合わせたのは,エゾ鹿のレバーペーストと,鮫島正樹さんのレーズンとバルサミコ酢を使った甘酸っぱいソース

レバーペーストの滑らかでふわりとした柔らかさは,ホイップクリームみたいに口の中で溶ける。

この塩気と,バルサミコソースのフルーティな甘酸っぱさが合う。

その他,にんじんの千切りと,きゅうりとヨーグルトの冷たいスープ(にんにくと赤唐辛子入り)も作った。

パンケーキはフライパンにひっつくことなく,砂糖控えめにしたのにきれいに色づいて焼けた。

ビタクラフトのよさを改めて感じ,ますます好きになってしまった!!

<記録>
 ・フライパンをフタをしたままで2分近く加熱(IH)。
 ・フタをとり,キッチンペーパーにサラダ油を染み込ませたものでフライパンを拭く。
 ・生地を流し入れ,火を弱くして蓋をし,途中ひっくり返して両面を焼く。

|

« 生春巻き ピーナッツだれ添え&きゅうりのサラダ | トップページ | パプリカとカボチャとマグロのベトナム風炒め煮 »

2-2:パン&発酵もの」カテゴリの記事

2-6:土井善晴さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生春巻き ピーナッツだれ添え&きゅうりのサラダ | トップページ | パプリカとカボチャとマグロのベトナム風炒め煮 »