« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

栗原はるみさんの「ふわふわパン」風

ほんのり甘くてやわらかい栗原はるみさんの「ふわふわパン」が好きだが,今回,材料や配合を変えつつ,あのしっとりふわふわ感を目指して作ってみた。

Img_4710

パン同士がくっつかないように水分の量を減らす。

もともとの「ふわふわパン」は,手ごねは無理なくらい生地がやわらかく,オーブンペーパーで仕切らないと,焼きあがったパンはつながってしまう。

Img_4726

水分を減らした分,なるべく生地の水分が飛ばないよう焼成時ににフタを被せた。

思ったより焼き色がついてしまったので,次回は温度を下げてみよう。

Img_4729

そういえば,三越の地下(2階の『ゆとりの空間』ではなく)で本物の「ふわふわパン」が売られているのを見たことがあるが,本物はどんな味がするのだろう・・・。

| | コメント (0)

イースト発酵ケーキ(プレーン)

前回,コーヒー,シナモン,ラム酒を加えたら変なにおいがしたので,プレーンに戻した。

Img_4737

今度は蒸し焼きにしてみようかな。

Img_4740

| | コメント (0)

HB小麦ふすま食パン

途中で生地を取り出し,成形して再びHBにセット。

Img_4749

焼き立てを休日のお昼ごはんに。

Img_4753

| | コメント (0)

2012年2月12日 (日)

パン作りの効率化を考える

最近作るパンは,粉を3~4種類混ぜている。

今までは,業務用の粉(25kg)を買い,食パン用に400gずつポリ袋に小分けし,5kg分くらいを食パン以外のパン用にジッパー付きの袋に入れ,保管専用の冷蔵庫にストックしていた。

食パンを作るときはその400gの袋を冷蔵庫から出しさえすればよかったけど,最近は毎回粉をブレンドするため,準備に時間がかかるようになった。

そこで考えた。

100円ショップでタッパを買い,あらかじめ粉をブレンドしてストック。

以前のように400g×約50袋のような大量ストックはできないけど,たちまち4回分あれば,平日仕事から帰ってからのパン作りにおいてブレンドの作業を省略できる。

手前2つは小麦ふすま食パン用,奥はイースト発酵ケーキ用。

これらを週末に準備する。

しばらくこれでやってみよう。

Img_4708

| | コメント (0)

イースト発酵ケーキ(コーヒー・シナモン・アーモンドスライス入り)

イースト発酵ケーキにインスタントコーヒー,シナモンパウダー,アーモンドスライスを入れてみた。

コーヒー入れると甘みが抑えられた。

でも甘いほうがいいなぁ。コーヒーは入れなくてもいいかぁ。

今回水分が多かったのか,上部表面が浮かび上がってしまって空洞ができ,はがれてしまった。

Img_4702

| | コメント (0)

2012年2月 8日 (水)

おから入りワッフル

最近,我が家では,電子レンジでおから蒸しパンをよく作る。

お昼ごはんにまた作ろう~と思って生地作りを始めたが,この生地を焼いたら?と思い,ビタントニオのワッフルプレートで焼いてみた。

蒸しパンより卵の配合は多めに変更。

チョコレートソースをかけたり,卵やハムを挟んでもおいしそう。

・・・今回はそのまま食べたけど。

Img_4694

| | コメント (0)

HB小麦ふすま食パン,確定

HBで焼く小麦ふすま食パン,5連続の失敗後,やっと膨らんだ。

途中,パンの羽根を取り出し,2分割して手で成形したのだが,大きな空気が入ってしまった。

やっぱり麺棒使ったほうがいいかなぁ。

今までとは勝手が違うパン作り。

しばらくはいろいろ試行錯誤し,失敗や成功をデータに収め,また次の工夫や改良を考えていこうと思う。

Img_4683

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »