« プレッツェル | トップページ | 今度はオーブンで平焼きパン »

2012年5月19日 (土)

ビタクラフトでパンを焼いた。

愛用のビタクラフトでパンを焼いてみた。

4つ持っているビタクラフトの中で唯一ウルトラ(全面9層の最上位シリーズ)である2.9Lの片手鍋を使用。

鍋の底に少しだけ水を入れてクッキングペーパーを敷き,生地を入れて発酵開始。

生地はいつもの小麦ふすまパン。

Img_4893

発酵はIHクッキングヒーター上で。

途中2度ほどスイッチを入れて鍋が温かい状態をキープ。

Img_4895

続いてIH上で焼成開始。

ひっくり返すのに失敗。(←次回,やり方に再検討必要)

Img_4897

焼き上がり。

ひっくり返すタイミングが早すぎたか,水分がこもりすぎたのか? しわしわ。

Img_4911

裏面は香ばしそう。

Img_4904

スープカレーととともに試食。

鍋で焼いたパンは焼き面にコントラストがあり,香ばしい香りのする平焼きパン風で,中に水分がしっかり残っている。

今度は底面の広いビタクラフトのフライパンで作ってみようかな。

でもフライパンだと高さが足りないかも。

Img_4913

|

« プレッツェル | トップページ | 今度はオーブンで平焼きパン »

2-2:パン&発酵もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレッツェル | トップページ | 今度はオーブンで平焼きパン »