« HB版ふわふわパン with 明治クリミースムース | トップページ | ガッテン参考の鶏ハム »

2012年6月 9日 (土)

ルバーブを煮て。

家の敷地の片隅に植えているルバーブ。

昨年の冬,家の工事でルバーブが死んでしまったかと心配だったけど,生きていてよかった。

でもかなり弱っている。

1ヶ月くらい前に少しだけ収穫し,冷蔵庫に入れっぱなしにしていた。

そろそろ使わないといけないなと思って冷蔵庫の中を見たところ,収穫したときは緑色だったのに,ほんのり赤くなっていた。

Img_5039

以前,赤いルバーブがほしくていろいろ調べたことがあるが,手に入りづらく,種から育てるしかなくて,気温で必ずしも赤にならない場合があったりし,今は緑の品種でいいやと思っていた。

それなのに「赤」になっているとは。

前から気温が低いと根元が赤いなと感じていたが,低温だと赤くなるのかな?
(冷凍はそのまま緑で凍結してしまうけど。)

Img_5037

ルバーブは砂糖で煮てジャムやコンポートにしたり,甘いアーモンドクリームといっしょにタルトの中に焼き込む。

植物的には野菜だけど果物の扱い。

三越のイタリアフェアではルバーブのリキュールがあり,今年初めて試飲した。

ロゼワインのようなきれいなバラ色でとてもおいしかった。

ルバーブ・・・ふきのような見た目から想像つかない華やかなジャムやリキュールに変身し,とても魅力的。

Img_5033

さてさて,くたくたに煮た甘酸っぱいルバーブ。

パンに乗せて食べた。

不思議な甘酸っぱさ。

フランス料理の本を読んでいると,甘酸っぱくしたものをソテーした豚肉のソースにしたり,いっしょに煮込んだりしたものを見かける。

一度料理に使ってみたい。

|

« HB版ふわふわパン with 明治クリミースムース | トップページ | ガッテン参考の鶏ハム »

1-1:自宅の植物たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HB版ふわふわパン with 明治クリミースムース | トップページ | ガッテン参考の鶏ハム »