« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月12日 (日)

東京旅行#4 ビストロで食事&夜の浅草寺

初日の夕食は浅草でフレンチを食べることにした。

浅草には洋食や天ぷら、ホッピー通りの居酒屋など下町グルメがいっぱいだが、外食はフレンチが好きなので、ビストロに絞り込んだ。

やってきたのは「酒の大桝 wine-kan」。

一応、事前に予約。

2階の窓際のカウンターに案内された。

Img_0637

 ・パテとレバーペースト 880円

パテはコンビーフっぽくてあまり好みの味ではなかったが、レバーペーストはすごくおいしいと思った。(もともとレバー料理が好き)

何かの旨みがするのだが、何が入っているのだろう。

自分で作るとこんな味にならない。

Img_0664

 ・サラダニソワーズ 800円

ゆで卵、ツナ、じゃがいもが入っている。味は普通。

Img_0669

 ・骨付き仔羊のスパイシーグリル 680円

少し甘いたれに漬け込んであり、やわらかく、ラム肉のおいしさが味わえ、すごくおいしかった。

添えられているクスクスがまたおいしく、トマトの旨みがしっかりと染み込んでいていい味。

Img_0670

 ・丸鶏 半身のロースト 980円

まったくパサつきがなくやわらかで、皮や手羽の香ばしさ、もも肉のジューシーさ・・・鶏肉のそれぞれの部位をシンプルにおいしく味わえた。

お皿の隅には数種類のフレーバーソルトとオイルが振りかけてあり、好みで味に変化をつけることができた。

Img_0672

wine-kanは思ったよりメニューが少なく、料理が出てくるまですごく時間がかかるなど、残念なところもあったけど、注文したものはどれもおいしく(パテとサラダ以外)、ビストロらしい料理を味わえた。

このあと、再び浅草寺へ夜のライトアップを見に行った。

Img_0678

五重塔。

Img_0680

浅草寺からスカイツリーも見えた。

Img_0686

初日の日程が終了。

歩いてJR上野駅に戻り、新橋まで移動してホテルへ泊まった。

ケバブを食べ、念願のかっぱ橋で包丁を買い、一応スカイツリーの見物もし、ビストロも堪能。

すべて歩いて移動したため、足は疲れたが、盛りだくさんの内容だった。

| | コメント (0)

東京旅行#3 浅草とスカイツリー散策

かっぱ橋から歩いて浅草へ。

雷門の前に到着。

Img_0640

門をくぐり、人がごった返している仲見世通りを通り抜けると浅草寺。

Img_0646

Img_0648

浅草寺を裏から出て言問橋に着くと、スカイツリーが見えてきた。

Img_0652

スカイツリーを目指し、まだまだ歩く!

Img_0656

スカイツリーのふもとに到着。

ソラマチ内を軽くぷらぷらしながらウィンドウショッピング。

外のテラスにて風にあたり、景色を眺めながら、しばし休憩。

Img_0657

足の疲れも少し回復。

再び浅草に向け出発。

帰りは吾妻橋を渡ったが、行きに通った言問橋とはまた違う景色に遭遇した。

Img_0663

|

2012年8月 5日 (日)

東京旅行#2 かっぱ橋で包丁を買う

上野から浅草通りを歩き、かっぱ橋に到着。

この旅の目的は、かっぱ橋で包丁を買うこと!

事前に準備しておいたかっぱ橋マップを片手に目的のお店へ。

Img_0621

まず、キッチンワールドお菓子の森に立ち寄る。

お菓子の森はネットショップを利用したことがあるけど、実店舗の方がはるかに商品が多く、やっぱりお店に足を運ぶのが買い物の楽しさだなと思った。

見るだけでも十分楽しく、私一人の旅だったら、かっぱ橋だけで丸一日過ごせそう。

しかし、そういうわけにはいかないので、次に包丁専門店へ。

かまた刃研社→釜浅商店→つば屋と周り、ほしいものが見つけやすく、丁寧な対応がとても良かったかまた刃研社で買うことにした。

Img_0633

今回私が求めていたものは、毎日使うための1本。形は牛刀で、少し長く、材質はステンレス。持ちやすく、適度な重みがあり、できればブランド物ではないこと。

店員さんが挙げてくれた3つの候補の中から、長さ21cmの包丁(9800円)を買うことにした。

Img_5103

かまた刃研社さんは、TV『白金台三丁目食堂』でケンタロウさんと栗原心平が“包丁研ぎ名人がいる”ということで包丁を買いに行ったお店。

いつかかっぱ橋に包丁を買いに行った際は必ず行きたいと思っていた。

今回、この夢が実現し、すごくうれしい。

しかも、番組で出ていた包丁研ぎ名人さんが、まさに今、目の前で、私の包丁に私の名前を入れてくれている。

ついに自分の包丁を手に入れたという実感が沸いてくる。

毎日使って、ちゃんと研いで、末永く使っていきたい。

Img_0630

かっぱ橋は、日曜日のため、製菓用品のお店は休みのところが多かったけど、包丁専門店や食品サンプルのお店、白い食器のお店は営業しており、日曜日の分、人が少なくてじっくり見ることができたと思う。

Dr.Goodsに行けなかったのが残念だけど、それはまたいつかの楽しみにしておこう。

| | コメント (0)

2012年8月 4日 (土)

東京旅行#1 ケバブとクロワッサン(上野)

仕事の契約が8月から切り替わるのと、「今年は旅行に行こう」と決めていたこともあり、7月に旅行の計画を立てた。

行き先は、浅草周辺&東京ディズニーリゾート、3泊4日の旅!

1日目(2012/07/15)

早朝出発し、お昼頃、JR上野駅に到着。

梅雨は明けていなかったけど、すごくいい天気。

歩いてアメ横へ。

「モーゼスさんのケバブ」

アメ横・・・日曜日だったからか?居酒屋では真っ昼間からお客さんがお酒を飲んで盛り上がっていて、楽しそう~。

そんなアメ横な雰囲気を感じながら歩いていると到着。

Img_0617

ケバブ(というかトルコ料理)を前から食べたいと思っていた。

ビーフとチキンを半々にしてもらい、ソースはMixを注文。500円。

店の前のベンチですぐに食べる。

お肉にもう少し味がしっかり付いているか、ソースを多めに入れてくれたらもっとおいしいだろうなと思う。

もうちょっと辛いソースを選択したらよかったかな。

まあ、そこそこのお味。

Img_0615

ケバブを食べ終わったら、歩いて浅草方面に向かう。

「ドミニク・サブロン クロワッサン・エ・カフェ」

浅草へ向かう途中、木陰の場所を見つけ、JR上野駅構内にあるドミニク・サブロンのクロワッサン専門店で買っておいたクロワッサン・ショコラを食べる。

Img_0618

なぜこのお店に行ったのか。

それは、2006年にパリの「Le Boulanger de Monge」で食べたエスカルゴ・オ・ショコラのおいしさが今でも忘れられないから。

当時ドミニク・サブロンさんのお店は日本にはなかった。

で、このクロワッサン、どうかというか、期待していたものとは違った。

クロワッサン・エ・カフェではエスカルゴも売っていたけど、大きさがパリで食べたものと全然違い、ショコラ味のエスカルゴがない。

パリで食べたような発酵バターとチョコレートのおいしさをすさまじく感じる味・・・日本では味わえないのだろうか。

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »