« パン講習会でテーブルロールとサンドウィッチ | トップページ | キッシュ・ロレーヌ 玉ねぎ入り »

2013年6月15日 (土)

パン講習会でカナッペ、キッシュ、クロック・ムッシュウ

4月13日。

会社のパン講習会に参加。

カナッペを作った。

Img_1156

土台はライ麦入りのパン・ドゥ・ミ。

講師(といっても会社の役員で、パン同好会の主催者)の自家製パン。

Img_1141

カナッペ共通のパーツはブール・サレとマヨネーズ。

マヨネーズはオリーブオイルを使い、ハンドミキサーで作った。

Img_1146

ソース・パルムザンは、グリュイエールとエダムチーズ入りのクリーム。

甘くないチーズ味のカスタードクリームといったところ。

Img_1140

キッシュ・ロレーヌの具材はベーコン、ハム、グリュイエールチーズ。

Img_1134

サワークリームやヨーグルトなどが入ったアパレイユを流し入れ、上からたっぷりのグリュイエールチーズとエダムチーズを乗せ、コショウとナツメグを振りかけて焼成。

Img_1135

こんがりと焼き上がり、すごくいい香り。

Img_1158

余ったアパレイユとパン・ドゥ・ミでもうひと品。

クロック・ムッシュウ。

Img_1157

今回、グリュイエールチーズ、エダムチーズを大量に使用。

同好会ではアンデルセンやイルプルーの食材を使っており、とても贅沢。

Img_1149

出来上がったものを箱に詰め、近くの平和公園へ移動。

ワインを開け、みんなでパーティをした。

どれもおいしかったが、特にキッシュ・ロレーヌはタルトがサクサクで、チーズの風味とごろごろとした大きめベーコンの歯ごたえと存在感がよく、とてもおいしかった。

ホワイトアスパラのカナッペもみずみずしく、気に入った。

こんな手の込んだ料理は一人ではなかなかできない。

とてもいい経験で、楽しい時間だった。

Img_1161

|

« パン講習会でテーブルロールとサンドウィッチ | トップページ | キッシュ・ロレーヌ 玉ねぎ入り »

2-2:パン&発酵もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パン講習会でテーブルロールとサンドウィッチ | トップページ | キッシュ・ロレーヌ 玉ねぎ入り »