« 梅えもん(梅の種取り器) | トップページ | 再び藤野真紀子さんのチョコレートパウンドケーキ »

2013年7月15日 (月)

梅ジャム作り

6月の梅シーズンの後半は完熟梅でジャムを作った。

Img_1408

八百屋で買った梅を冷蔵庫で1週間放置し、完熟させた。

梅を洗って4時間ほど水に浸ける。

Img_1508

梅えもん で種を取る。

Img_1513 

沸騰しない程度のお湯で4回湯でこぼし、灰汁を抜く。

(浸けている水を味見して渋みをほとんど感じなくなるまで。)

Img_1525

ざるに上げて計量し、梅の実の35%の砂糖を準備。

Img_1528

再び鍋に戻し、水と砂糖を加えて煮詰める。

Img_1529

煮沸しておいた瓶に詰めて出来上がり。

1kgの梅から瓶2つ分+α。

Img_1551

今年は合計3回梅ジャム作りを試みた。

1回目は梅の実を冷蔵庫で2日間水に浸けたまま放置後煮た(湯でこぼしなし)。

出来上がったジャムは少し渋みがあり、灰汁が抜けているかどうかがわからなかったので、2回目は実5、6個を水に漬けることなくいきなり煮てみた。

非常に渋いというか、えぐみがすごくてびっくり。

実を水に浸けておくとある程度えぐみが抜けることがわかったが、よりえぐみの少ないジャムにしたかったので、3回目の今回、水に浸けておく時間は短めにして、湯でこぼすことでえぐみを抜いた。

今回気づいたのは、えぐみの抜き具合の確認には、湯で水を味見すればよいということ。

湯でこぼす都度梅の実を食べて確認するのも嫌だし、試しに湯で水を味見したのだが、無色透明の湯で水があんなに渋いとは思わなかった・・・。

Img_1860

今回できた梅ジャムはえぐみが少なく、果実の塊がところどころに残り、いい感じに仕上がった。

果物のジャムとしてはかなり酸っぱいけれども、あんずジャムに似た味でおいしい。

いつもは梅酒の残り梅で作っていたけれども、全然違う。

梅酒のジャムはかなり甘いが、生からだと加減できるし、フルーティ。

あんずに似ているので用途もいろいろありそう。

来年また作ろう。

|

« 梅えもん(梅の種取り器) | トップページ | 再び藤野真紀子さんのチョコレートパウンドケーキ »

2-5:調味料・保存食作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅えもん(梅の種取り器) | トップページ | 再び藤野真紀子さんのチョコレートパウンドケーキ »