« サワークリームを作る。 | トップページ | 藤野真紀子さんの「オールドファッションチョコレートケーキ」 »

2013年8月 4日 (日)

アンデルセンのデンマークフェア2013

6月1日。

今年もアンデルセンのデンマークフェアへ。

お気に入りのニシンのマリネを購入。

Img_1285_2

半分はそのままで、半分は、庭に生えているディルを刻んで追加し、自家製サワークリームで和えた。

アンデルセンのニシンのマリネ。私の好きな味。

Img_1303

アンデルセンの赤ワイン「志」。

とても飲みやすい。

Img_1278

奥出雲で作っているらしい。

今年は白ワインの「幸」も買ったが、「志」といい「幸」といいネーミングがいいので、手土産・お祝いにも利用した。

Img_1280

ルバーブのカップケーキ。

数年前からアンデルセンでもルバーブを使ったお菓子やパンを見かけるようになった。

自分でもルバーブを育ててお菓子を作っているので気になっていた。

Img_1293

中にちょこっとルバーブのコンポート(ジャム?)が入っていて、ケーキの表面にも少しジャムが塗ってあり、その上にメレンゲ、ピンク色のは何かよくわからなかった・・・。

期待したほどおいしいものではなかった。

アンデルセンの普通のパン(ハード系のパン)はおいしいしすごく好きだけど、甘い焼き菓子や甘いパンはこれまで何度か食べたことはあるけど、特別おいしいと思ったことがない。

アンデルセンの焼き菓子ってこんなものなのかなぁ。

Img_1315

デンマークフェアでは、年配の男性が色紙をチョキチョキ切っているのを目にした。

もしやと思い、話を伺ったところ、昨年のデンマークフェアの紙袋にデザインされていた切り絵の作者の太田拓美さんだった。

その日、アンデルセンに行く前、丸善で切り絵のコーナーに目が留まり、いろいろな本を物色した直後だったので、(もちろん太田さんの本も見た)すごいタイミングだった。

ちなみにこれが昨年のデンマークフェアの紙袋。

Img_1871

昨年、この絵がきれいだなと思って気になり、絵が“切り絵”であることがわかり、作者さんの名前もぼんやりと覚えていたが、一年後にその作者さんに出会えるなんて思わなかった。

女性だと思い込んでいたので、年配の男性だったというのにも驚き。

現在、この素敵な切り絵の紙袋は、私の水彩画の道具入れになっている。

6月9日。

再びデンマークフェアへ。

「チキンとポークのローストケーゼ」を買う。

Img_1340

お肉とチーズなどを型に詰めて焼いたもの。

Img_1341

焼いてマスタードを添え、ワインとともに。

Img_1350

|

« サワークリームを作る。 | トップページ | 藤野真紀子さんの「オールドファッションチョコレートケーキ」 »

3-1:広島のパン屋さん&ケーキ屋さん」カテゴリの記事