« プラムジャムのクッキー | トップページ | プラムジャムのレアチーズケーキ »

2013年8月18日 (日)

ビストロオーブン(NE-R304)の付属レシピでスポンジケーキを焼く。

スポンジケーキはいつもそのときに参考にする本のレシピに従い、温度や焼き時間を設定することが多い。

だいたい180℃で25~30分とか、そんなところ。

あらためて我が家のオーブンに付属の取説兼レシピを見てみると、それよりも低い温度で時間が長い。

前から気になっていたので、この取説どおりに手動で焼いてみることにした。

ちなみに我が家のオーブンはパナソニックのビストロ〔オーブンレンジ「ビストロNE-R304」購入〕で、NHKのグレーテルのかまどで使われているのと同じ。

スポンジ生地の配合は取説どおりではなく、スタンダードな配合で。

直径15cmのブリキの焼き型の底と側面にクッキングシートを敷き、オーブンを170℃に予熱した。

生地を作り、取説の設定に従い「160℃で30分」焼いた。

取説にスチームプラスを使う場合は表面に薄く焼き色が付き始めたころ5~10分を目安にかけるとあったので、途中「スチームを5分」かけた。

30分後、ケーキ表面の弾力を手で確かめ、もう5分追加した。

いつもと比べると焼き色が薄くて心配だったが、35分も焼いたのだから大丈夫だろうと思い、一晩タッパウェアの中で寝かせた。

翌日、出来上がりを確かめた。

全体がしっとりし、上部、側面のこげ感が少ないため表面が柔らかい。

だが側面がくびれたりしていないので、中はしっかり焼けているようだ。

Img_2460

3枚にスライス。

しっとりきめが細かく焼けていた。

この状態なら最後の5分追加は不要だったかも。

Img_2474

160℃で長時間でもうまく焼けるんだなと思った。
(直径18cmだと取説は170℃)

こげ感の少ない表面が柔らかいスポンジケーキに仕上がるので、表面を削り落としたりしなくてもそのままデコレーションに使えそう。

今度から取説の温度・焼き時間も参考にしようと思った。

<記録>
 ・直径15cm
 ・卵2コ、薄力粉60g、上白糖60g、バター15g、豆乳(牛乳がなかったので)15g
 ・170℃予熱、160℃で30+5分、途中スチーム5分

|

« プラムジャムのクッキー | トップページ | プラムジャムのレアチーズケーキ »

2-1:お菓子作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラムジャムのクッキー | トップページ | プラムジャムのレアチーズケーキ »