2013年9月29日 (日)

Eggs'n Thingsのパンケーキ

9月15日。

大阪で念願のEggs'n Thingsへ。

台風接近で雨が振っていたので人が少ないことを期待していたけど、お昼時はすごい行列で、午後4時くらいに再度行ってみると、行列の長さはもっと長く・・・。

パンケーキを食べることが旅の目的のひとつだったため、諦めたくはなく、雨の中2時間並ぶ。

Img_1293

これが食べたかったパンケーキ!

Img_2592

もちっと、ふんわり柔らかく、第一印象は“おいしい~”。

特に、生クリーム真下あたりの塩気のあるバターが染み込んだパンケーキ部分は美味。

生クリームは空気をたっぷり含んでいて、油っぽい感じはなく甘みは抑えられている。

Img_2597

テーブルにはメープルシロップ、ココナッツソース、グアバソースが置いてあり、グアバソースは甘酸っぱく、思いの外パンケーキに合い、おいしいと思った。

Img_2589

口直しに注文しておいた少しピリ辛のポルトガルソーセージ。

Img_2591

だけど、食べ進むうち、お腹いっぱいになり、ギブアップ。

食べた直後はしばらくパンケーキのことは考えたくなかったけど、バターが染み込んだ部分のおいしさや、グアバソースとの相性の良さを思い出すと、また食べてもいいかなと思う。

でも今度は二人でひと皿注文だな。

| | コメント (0)

大丸心斎橋店でPAULとポール・ボギューズのパン

9月15日。

旅行でお昼ごはんにパンを買いに大丸心斎橋店へ。

ポール・ボギューズのクワトロ・ショコラ2013。

チョコづくしのおいしそうな見た目で選んだけど、味は見た目ほどのインパクトはなく普通。

Img_1289

PAULのポピーシードのクロワッサンのサンド。

蒸し鶏、大葉、トマトなどが入っていて、クロワッサンが香ばしく、これはおいしかった!

Img_1291

| | コメント (0)

2013年8月 4日 (日)

アンデルセンのデンマークフェア2013

6月1日。

今年もアンデルセンのデンマークフェアへ。

お気に入りのニシンのマリネを購入。

Img_1285_2

半分はそのままで、半分は、庭に生えているディルを刻んで追加し、自家製サワークリームで和えた。

アンデルセンのニシンのマリネ。私の好きな味。

Img_1303

アンデルセンの赤ワイン「志」。

とても飲みやすい。

Img_1278

奥出雲で作っているらしい。

今年は白ワインの「幸」も買ったが、「志」といい「幸」といいネーミングがいいので、手土産・お祝いにも利用した。

Img_1280

ルバーブのカップケーキ。

数年前からアンデルセンでもルバーブを使ったお菓子やパンを見かけるようになった。

自分でもルバーブを育ててお菓子を作っているので気になっていた。

Img_1293

中にちょこっとルバーブのコンポート(ジャム?)が入っていて、ケーキの表面にも少しジャムが塗ってあり、その上にメレンゲ、ピンク色のは何かよくわからなかった・・・。

期待したほどおいしいものではなかった。

アンデルセンの普通のパン(ハード系のパン)はおいしいしすごく好きだけど、甘い焼き菓子や甘いパンはこれまで何度か食べたことはあるけど、特別おいしいと思ったことがない。

アンデルセンの焼き菓子ってこんなものなのかなぁ。

Img_1315

デンマークフェアでは、年配の男性が色紙をチョキチョキ切っているのを目にした。

もしやと思い、話を伺ったところ、昨年のデンマークフェアの紙袋にデザインされていた切り絵の作者の太田拓美さんだった。

その日、アンデルセンに行く前、丸善で切り絵のコーナーに目が留まり、いろいろな本を物色した直後だったので、(もちろん太田さんの本も見た)すごいタイミングだった。

ちなみにこれが昨年のデンマークフェアの紙袋。

Img_1871

昨年、この絵がきれいだなと思って気になり、絵が“切り絵”であることがわかり、作者さんの名前もぼんやりと覚えていたが、一年後にその作者さんに出会えるなんて思わなかった。

女性だと思い込んでいたので、年配の男性だったというのにも驚き。

現在、この素敵な切り絵の紙袋は、私の水彩画の道具入れになっている。

6月9日。

再びデンマークフェアへ。

「チキンとポークのローストケーゼ」を買う。

Img_1340

お肉とチーズなどを型に詰めて焼いたもの。

Img_1341

焼いてマスタードを添え、ワインとともに。

Img_1350

|

2013年7月12日 (金)

メゾン・ラブレ②/中区本川町

5月26日。

お気に入りのシュークリームを買いに久しぶりにメゾン・ラブレへ。

Img_1273

近くにある平和公園へ移動し、原爆ドーム向かいのベンチで食べた。

Img_1275

シュークリームの前に、まずはパン・オ・ショコラを二人で半分こ。

クロワッサンの中にチョコレートが入っている。

ラブレはヴィエノワズリーもあって、種類は少ないけど、パンっぽいキッシュなど、おいしいと思う。

Img_1278

ラブレのシュークリームは、ゴツゴツとしたフランスの伝統的なスタイルに、ピーナッツのアクセントと黒糖の風味が加わっている。

クリームは買うときに詰めてくれる。

Img_1283

中は黒糖をしっかり感じる濃厚なクリームがたっぷり詰まっていて、厚みのあるシュー皮の香ばしさと合わさって、ほんとおいしい・・・。

ラブレのシュークリーム大好き!

Img_1284

メゾン・ラブレ①/中区本川町

| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

三越イタリアフェアのフォカッチャ

三越のイタリアフェアの冷凍生地「フレッシュ ドゥ」でフォカッチャを焼いた。

以前に書いたが,この生地はピザ,フォカッチャなど好きなように成形してパンを作ることができる。

Img_4926

二次発酵後の生地にオリーブオイルを回しかけ,穴にたっぷりとオイルを入り込ませるのと,表面に岩塩を振ってしょっぱい味付けをするのがポイント。

Img_4932

| | コメント (0)

2012年1月 4日 (水)

上ノ原牧場カドーレ/東広島市福富町

11月4日。東広島へのドライブの続き。

カントリーグレイン(パン屋さん),湖畔の里(福富町の道の駅)へ立ち寄ったあと,上ノ原牧場カドーレへ。

Img_0279

白いロバ?が近づいてきた。

Img_0284

レストラン,ジェラート屋さん,チーズ工房など,複数の小さな建物に分かれている。

Img_0287

メニューにはバゲットサンドがあっておいしそうだった。

Img_0286

新しくできたばかりの洋鍋レストラン。

Img_0288

で,私たちが行ったのは,一番奥にある上ノ原チーズケーキ。

Img_0281

川の流れる音が聞こえ,ここでのんびり甘いデザートを食べるといいかも。

Img_0285

と思いつつ,今回はお土産はお持ち帰り。

カスタードプリン(330円)とゴーダチーズ(820円)。

日本でももっとチーズ作りが盛んになってほしい~。

Img_4487

| | コメント (0)

カントリーグレイン/東広島市福富町

11月4日。東広島にドライブ。

発芽小麦と天然酵母を使ったパン屋さん「カントリーグレイン」へ。

Img_0263

これほど田舎(というか山の中にある)とは思わなかった・・・。

Img_0264

バゲット(300円)とくるみパン(200円)を購入。

どちらももそっとした食感。あまりおいしいとは思わなかった。

素材にすごくこだわってパンを作っているんだろうけど・・・。

スープにあわせて食べるようなもっそりパン。これが特徴なのかな?

本棚に天然酵母やマクロビ,保存食などの本があって,なんとなく背景にあるもの(ポリシー,こだわり,考え等)を感じたけど。

カフェといっしょになっている店内の雰囲気はいいので,パンといっしょに食事をするにはいいかも。

Img_4482

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

洋菓子シナガワ(本店)/西区観音本町

以前,知り合いの方から聞いていたシナガワというケーキ屋さん。

その人は以前から知っている人だったけど,ある日突然,お互いが弓田亨さんに興味を持っていることが判明。

その人のおすすめケーキ。あるチョコレートケーキがイルプルーのものに匹敵するくらい味が似ていて素材がいいらしい。

で,ある日突然,また別の方から頂いたのが,シナガワのチョコレートのケーキ。

3種類も。めちゃうれしー。(*>u<*)!!

Img_3026

Img_3031

Img_3034

どのケーキも名前はわからないけど,チョコレートケーキを一度に3種類も食べたことがない。

それぞれ食感や口溶け,他の素材との組み合わせ,フレーバーも違ってタイプが異なり,チョコレートケーキって深いと思った。

共通して言えるのはどれもチョコレートのしっかりした甘さと香りがあること。そして手が込んでいて,きれいに丁寧に作り上げられていること。

しっとりきめの細かい柔らかなスポンジ生地とガナッシュ&グラサージュ。シンプルな構成。

Img_3037

チョコレートのムース。ミルクチョコレートの味,キャラメルの味,滑らかなムース,スポンジ生地,クランチのようなサクサクとしたチョコレート・・・ひとつのケーキにいろいろな味と食感が盛り込まれている。

Img_3043

私的にいちばん気に入ったのは,最後の小さな細長いケーキで,生チョコのようなフランス風ブラウニーのような微妙な状態に仕上げてあるもの。

小さく刻まれたドライフルーツ(レーズン+α?)とピスタチオが入っているみたいで,洋酒(ラム+キルシュ?)がよくきいている。

少しずつ,少しずつ,口の中で溶かしながら濃厚な味を堪能するケーキ。といった感じ。

チョコレートの底面には,ナッツの入ったチョコレートがコーティングされていて,見た目シンプルなんだけど,かなりいろいろな素材が使われている。

Img_3039

今度は,自分でもお店に行ってみたい。

そのときはイルプルー似のチョコレートケーキを買ってみたいと思う。

| | コメント (0)

2009年6月 1日 (月)

過去記事は親サイト下記カテゴリー別に移動

古いブログ記事は下記親サイトに保管しています。

カテゴリー

植物たち

お菓子を作って幸せなひととき

のんびり発酵 パンとお菓子

ビタントニオ活用

お菓子作りのレシピ

料理や食べ物に関すること

調味料・保存食作り

土井善晴さん

ケンタロウさん

おうちでベトナムごはん

広島のパン屋さん巡り

広島のケーキ屋さん巡り

お出かけ

モノ作り

私のお気に入り

雑記

親サイトトップ

「地味に花育ててます。」 by jimini

|